FC2ブログ

マ・レイニーのブラックボトム

2021022207013421a.jpg


どうも!恋愛映画です。
今日は久々に映画だよ(笑)、宜しくお願いいたします。
「マ・レイニーのブラックボトム」
Netflixです。
とてもみてよかったなとおもいます。

舞台はアメリカ、シカゴ、時代は1927年
奴隷制から解放され、南部にいた黒人さんは
北部へ大移動した、という背景があるそうです。
この話は、そんな南部からシカゴへ
レコーディングするために、やってきた
年老いたバントメンバー三名
新たに加わったトランペット奏者、若手で野心家のレヴィ
歌手のマ・レイニー、ついてきた若い女と甥っ子
彼女のマネージャー(白人)と、レコードレーベルのプロデューサー(白人)
彼らがレコーディングスタジオで起こす
1日にも満たない物語。

まず、これを見るにあたって、気になったのが
マ・レイニーって実在の人物なの?ってこと。
実在の人物です
が、彼女に関する記事は少ないそうです。
写真もわずか七枚ほどしか残されてないとか。

2021022207344472a.jpg


この写真が、映画の最後にでてきました。
たぶんこれが実際のマ・レイニーさん
「ブルースの母」と呼ばれていたそうです。
※ブラックボトムは、腰をふるダンスの名前。劇中、ダンサーはじめみんな大きなお尻、ユサユサしてます

私は音楽のことには、詳しくないんだけども
劇中で、ブルースは「抵抗する力」だといってました。
マ・レイニーが言うには
「ブルースがあるから朝起きられる」んだそうです。
そのくらい、嫌になる、生きにくい世界だと。
そうなのよ、この映画
アメリカの抱える人種問題を、いろんな角度から表現してます。
始まってから、ほかの白人もたくさんでてくるの
駅や、レストランや、お店…
決まってみんな、ジロリと黒人さんたちへ目線を送るだけ、という演出なんだよ。
それで、この時代がどんな時代か?を表してるのがシンプルで、さすが。
更に、南部から北部へ移動してきた黒人さんたちは、もっと生活が楽になるかもー?と、
夢を描いて移住したけども、現実は北部でも差別にあう、これが現実よ!と。
この視線の演出で伝えるという…すごいこっちゃね~。

マ・レイニーは、レコーディングで
かなり傲慢な態度、ワガママ放題なんです。
一時間遅れてきた上に、吃音の甥っ子に口上を言わせなきゃレコードはとらないというし
挙げ句、「コカ・コーラがない!」とレコーディングをやめる。
彼女の白人マネージャーはいつも彼女のご機嫌を伺い
白人なのに、黒人さんにペコペコする。
この時代に。ですよ。

レコード会社のプロデューサーは、彼女の才能は認めてるけど人間として認めてはいないのかも。
なにかと彼女の要求を突っぱねようとする。
彼女の傲慢さに「がまんならん!」とキレる。
いつもマネージャーが板挟みで、大変そう(苦笑)

そんなコーラ待ちの休憩中、彼女はいいます。
「私のことなど誰も気にかけてない
欲しいのは、声だけ。」
だから私は、自分の才能を利用して
白人をひざまずかせるのよ

マ・レイニーさん
この時代の黒人さんの女性で、ここまで
自分の権利を主張できたことが奇跡に近い
黒人さんだから、残されなかった??
彼女の壮絶な過去の物語とか…
本当、記録がのこってたらすごがったとおもうな。
(スミス…は、たくさんのこってるのに…と、この時代のライバルだったのか?名前が何回かでてきました)

20210222073226f00.jpg


この厚かましいどろどろの化粧具合と、衣装の派手さ
迫力の太り具合。すごいでしょう。
歯には金歯がはいってるし。
これも少ない資料から作り上げたらしいです。

そんな、威勢のいいマ・レイニーも実はこのころ晩年で、新しい才能の進出を不安に思っているという背景から

若手のトランペッター、レヴィのアレンジを認めません。
レヴィはおれがおれがおれがぁー!!!タイプ
年老いたメンバーたちは、こんな時代なんだよ。
黒人の俺たちが夢をもっても…と、呆れ顔で、
現実的に、今目の前の仕事をこなせと、諭すけど
「そんなの古くさい」とか「だれが決めたんだ?」
「俺のやりたいようにやるんだ」
と、あーいえばこーいうのよ。
ちょいうざい。
自分の曲を書き、売れると自信たっぷりだし
自分のアレンジは、今の時代にぴったりだと豪語し
これからは、俺様の時代なんだと
自分のバンドを組んでレコーディングするという。
とにかく野心的、活動的、衝動的。

最近韓国ドラマを見続けたせいか、
老人に敬意を払わない態度に、ものすごく違和感を感じながらみてました。
みんなが、無理だ、無駄だ、落ち着けというのを
なぜきかない??
なにを口答えしてんだ??と。

(バンドマンたちとレヴィの会話は、かなり分かりにくいセンスでした…、例えばなしにしても、話の転がり方にしても、笑うポイントにしても、彼らだけがおもしろそうで、おいてけぼり。これは私が日本人だからなのか?日本語吹き替えにしたら、なんとかついていけました。)

そのうちレヴィの過去が明らかになって…
それがかなり衝撃的な話なんです
彼にとったらかなりのトラウマでしょうね。
彼の内面が、その過去によって影響されてることがわかる
わかるけどもぉーー!!!おおおーぃ!!
ええーーー!!!そんなぁー!、!
という展開がまっております。

202102221633319f2.jpg


会話も多いし、場面の展開のしかたとか、舞台劇ぽい話ですね
亡きオーガスト・ウインソンさんの戯曲をもとにしたそうです。
彼は、人種差別問題をとてもよく調べていたと
関連番組でみました。

レヴィ役の、チャドウイック・ボーズマンさんも、
昨年夏に亡くなられたそうです。癌だったらしいです。本当、レヴィ役かなりよかった!!
残念でならない。
あの、鬼気迫る演技はむしろ彼の心の叫びかも。
ご冥福をお祈りします。

この映画にでてきた黒人さんたちは、性格も信念も
さまざまなんですよ。
たぶんこの時代にいた黒人さんたちの
縮図のようなものなんだろうなと感じました。
たった数名しかでてこないけど
短時間で彼らに個性を持たせるのは
ちゃんとあとの話にいきる、前半の何気ない会話も、計算されてるんだなとおもいます。

心に傷をおいながら、まだこの先もまだ
晴れることがない世界で朝目覚めるために
「ブルース」が必要だった、というきもち。
なんかちょっとだけわかったような気がします。

そうそう、彼氏がいってたんですが
この映画のみならず
このぐらいの年代のバンドマンたちが
演奏をはじめる時
「1、2、you know what to do」といって演奏がはじまるシーンを、ほかの映画でもみたらしいです。
この作品でも、このカウント、you know what to doが何度もでてくる、粋でね、かっこいいんだわ。
しかし日本語吹き替えにしたら
ワン、トゥ、スリー、…となっちゃってて、残念です。
会話も早口で多いのよ、やっぱり字幕と、吹替えちがいますね。
できるなら、日本語と英語でみたいですね。

いやー、久しぶりに映画みました!やっぱり映画はいいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

毎度です。

これひょっとして、チャドウイック・ボーズマンの遺作ですか?
凄く評判良くて、彼は遺作でオスカー最有力だと言われてます。
私は黒人に生まれたかったかもしれない。性格が向いてると思う。

兄貴ありがとうね

調べてみたら、これが彼の最後の作品名みたい。みて本当よかったな、と感じた映画です。そそ、ネトフリ映画からアカデミー賞選ばれそうな作品をピックアップしてあった1本なんだよ。もう、一本スパイク・リー監督の作品にもでてるみたいだね。